有限会社 大公建業

無垢の家Bellino(ベリーノ)
  • エコナハウス
  • エコナヒラヤ
  • 八戸不動産カフェ アイラス

工法について

HOME ≫ 工法について
大公建業の注文住宅は自由な工法がお選び頂けます。

木造軸組工法とは
木造軸組工法は一般には在来工法と呼ばれ、日本の風土に良く合い、長く受け継がれてきた伝統的な工法です。木材を使った土台、柱、梁(はり)で組み立てられており、古くは継ぎ手や仕口(しくち)といったものが、釘や金物の代わりに使われていましたが、最近では接合する箇所に特殊な形をした金物が使われるようになったことで、以前のものより強度が向上しました。
柱や梁のほかに忘れてはならない骨組みとして、柱と柱の間に斜めに入れる筋違い(すじかい)があります。横から受ける力(地震や台風など)でも家が倒れないよう、しっかりと食い止める役割があります。地震に弱いとされてきた在来工法ですが、近年は建築基準の強化、補強金物等の普及など、従来と比べ強度や耐震性能も高くなってきています。

2×4(ツーバイフォー)住宅工法とは
主材として使用されているのが、小口の厚さ2インチ×幅4インチの規格材であることからツーバイフォーと呼ばれるようになりました。
柱を主体としたのが日本在来の軸組壁工法なのに対し、2×4工法は六面体の面全体を構成する壁、床、天井などで家を支える「枠組壁工法」と呼ばれています。
地域や施工者によって出来上がりがかなり異なる木造軸組工法に対し、2×4工法は構造躯体に一定の品質が確保できる工法です。その多くが国土交通省の告示に沿った住宅金融公庫仕様に基づいて厳格に施工されており、構造と仕上げが分けて考えられているため、同一グレードの構造材が家の大きさや建築費の多少に左右されず使用されていることで、構造面での安心が確実に得られます。これは内装などの仕上げのグレードが異なっても同様となります。木造の中でも気密性が高いといわれています。

地盤調査から完成までの流れ

このページの先頭へ
住宅に関する疑問や質問、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ